千原せいじがアフリカ54カ国に暮らす日本人に会いに行きます!

兄・千原せいじが毎回アフリカに住む日本人探しの旅へ!!

これまでの旅はこちら

今回の旅の目的

「セネガル 田舎町に住むたった一人の日本人」

今回は「千原せいじがアフリカ54ヵ国に暮らす日本人全員に会いに行きます これだけで60分スペシャル!」アフリカ大陸で日本人探しの旅を続けるアフリカントラベラー・千原せいじを1時間まるごとお送りする。せいじの様子がどうもおかしい…。せいじが惚れた!? ジュニアの嫁候補を発見!? そんな運命的な旅に迫る!

2014年2月28日(金)

旅の記録 せいじが日本人探しに向かったのは、アフリカ大陸の最も西に位置するセネガル共和国。国の広さは日本の半分ほどで、公用語はフランス語だ。日本人女性が暮らしているのはファティックという小さな町だという。
セネガルへはフランス・パリ経由で約31時間。夜も更けた23時30分、空港に到着したせいじはいつになく機嫌が悪い。実は数時間前、経由地のパリで10時間ものトランジット(乗り換え便の待ち時間)があったせいじは、空港を出て思い思いに散策、パリを堪能していた。ところが、この日のパリは大寒波にみまわれ気温3度。そして数時間後に着いたセネガルは25度。この20度以上の気温差がこたえたようだ。この日はどこにも寄らず首都ダカールのホテルで休むことに。

翌朝、「ベランダからの景色もエエし最高!」と機嫌も直って登場したせいじはまず近くのビーチへ向かう。すると、そこにはトレーニングに励むたくさんの人達が。セネガルでは体を鍛えるのが人気で、ビーチにも運動器具があちこちに点在しているのだとか。もうひとつ大人気なのがセネガル相撲。打撃もOKで頭や背中を地面につけたら負けという、日本の相撲とは違う独特な相撲だが、セネガルではサッカーよりも人気があるのだという。セネガル相撲に興味津々のせいじは、セネガル相撲のトレーニングに励む若者を捕まえて、「試合見せてくれ!」と勝手に試合を組んでしまう。その激しい戦いぶりにせいじは大興奮!
旅の記録

朝の散歩でご機嫌のせいじは独立広場に向かい、ファティックについての聞き込みを開始。すると、すぐに日本人の住む町ファティックを知る人と出会う。しかもダカールから南東に140キロという場所に、せいじは「近いやん!」と楽勝ムード。しかし地元の人によると、「ファティックはホテルもない小さな町で、直接行く手段がないから、まずは手前のンブールという町まで行ってから、バスを乗り継いで向かうしかない」とのこと。その言葉通りに、まずは近くの町まで向かう。乗り合いバスで約3時間と、せいじにとっては楽勝の距離なのだが、この日は乗り合わせた客が「ハズレのバス」(せいじ)だった。
というのも、乗り合いバスの旅前半は、客同士が車中でケンカをはじめ、後半は女性たちがジャンベ(打楽器)のリズムに合わせて車中で歌い踊りまくり、まったく気の休まらない状態が続く。「こういった国民性を楽しめる人やったらエエけど、そうじゃなかったらキツイよ」と、さすがのせいじも疲れた表情を見せる。途中の町、ンブールに到着したのは18時30分、夜の移動は危険ということで1泊することに。

翌朝、珍しく寄り道することなく乗り合いバスで日本人の住む町ファティックへ向かうせいじ。だが、そのバスは地元では“セットプラス”と呼ばれる7人乗りの乗用車。ぎゅうぎゅう詰めの車内で1時間30分、またしても疲労困ぱいの状態でようやく日本人の住む町へと到着するのだが、せいじがまさかの乗り物酔いでダウン!ホテルもないようなセネガルの田舎町で、せいじの日本人探しの旅の行く末は…!?

そして、出会った日本人女性は、せいじが「ぜひジュニアの嫁に!」と、弟・千原ジュニアの嫁候補に推すほどの女性だった!!
「俺が若かったら付き合うよ」とせいじから爆弾発言(?)も飛び出した今回の日本人女性は、一体どんな女性なのか!?

次へ
2014年3月14日(金)

旅の記録 前回(リポート1)セネガル共和国の小さな町で、まるで初恋のような日本人探しを終えたせいじ。次の日本人を探すべく、クール・アブドゥ・ンドイという小さな村へとやってきた。
そこは、夏場は50度を越すような酷暑の地で、しかもサヘル地帯と呼ばれる砂漠化の進んだエリアだった。行きかう人々に日本人について訪ねると、誰もが知っているようで「60歳くらい」の「優しくて気のいい人」で「彼はセネガル人だ」とまで言う人も!せいじは「この地に根付いている人だろうけど、この砂地を毎日歩くのは大変!どんな人やろう?」とまだ見ぬ日本人に思いをはせる。
果たして、砂漠化の進む漁師町で一人暮らしをする日本人とはいったい!?
そして、ふるさと日本に帰りたい思いをおさえて、還暦間近になってもこの地に残る理由とは?

次へ
2014年3月28日(金)

旅の記録 前回(リポート2)セネガル共和国で2人目の日本人探しを無事に終えたところ。
さっそく帰国の途へ付こうとする千原せいじに、番組スタッフから1通の手紙が渡される。
珍しく頬を緩めながら手紙を読むせいじ。
この後、アフリカ日本人探しの旅は、まさかの新たな展開を見せる!
なんとアフリカントラベラーせいじが日本で日本人探し!?

これまでの旅はこちら

ページトップへ