MY PAGE
ENTRY
MY PAGE
ENTRY

今のお仕事内容、その魅力(難しさ)
について
教えてください。

営業局 セールスソリューション1部 花田 響四郎
スポットデスクを担当しています。
スポットデスクは、市況や放送枠量を鑑みてスポットの料金を設定したり、どの時間帯にどの広告主のCMを流すかを考える仕事です。スポットCMの収入が、放送局の収入の大半を支えているため、自分の仕事での動きが会社の売上を左右します。
学生時代は、自分がこれだけ大きな金額を扱うとは、想像もしていませんでした。
プレッシャーもありますが、一番の醍醐味です。
制作局 制作部 松井 彰吾
「相席食堂」のADをしています。
先輩の指導の元、次回予告や番宣CMを作ったり、ロケで撮った画がVTRに使われて千鳥さんに「ちょっと待てぃ」されたり……といったキラキラの側面と、放送に際しての諸々の権利申請、収録・ロケ・編集・会議等々で発生するあらゆる準備や調整が沢山あります。
地道な作業に追われつつ、面白いアイディアを生み出すことが難しさであり、同時に他にはない魅力だと思います。
報道局 ニュース情報センター 瀧尾 春紀
大阪府警担当の記者をしています。
事件・事故が発生した際は、現場に向かい取材、リポート、そしてそれを元に原稿を書きます。1番の魅力は、正当な理由があれば自分が話を聞きたいと思った人に、名刺一つで会って話を聞けるところです。逆に難しいのは、被害者やその関係者への取材です。
そういった方の生の声、訴えを届けたいと思う反面、心に大きな傷を負っている方にマイクを向けることが心苦しくもあります。
営業局 セールスソリューション2部 原田 修
営業局で、番組企画と動画の業務をしています。
企画については、営業でありながら番組収録の立ち合いができるところが魅力です。自分は新人なのでまだですが、経験を積めば、各部署と連携してスポンサーのニーズをもとに番組の企画を考えて実現することもできます。
動画については、TVerやYouTubeなど、これから伸びていくであろうデジタルの分野に当事者として関わることができる点が魅力です。
報道局 ニュース情報センター 津田 真由子
「おはよう朝日です」でディレクターをしています。
生放送のニュース原稿を書いたり、ADとして先輩のロケに行ったり、取材先を探して電話をかけまくったりと、幅広く色々なことに携わっています。
放送が毎日あるため、新人でも放送に直結する仕事やVTRの制作を任せてもらえる機会があり、難しさも含め魅力的な環境です!
初めて自分がディレクターとして作ったVTRがTVで流れた時は嬉しさで震えました!

一緒に働いている先輩社員、
職場の印象
教えてください

営業局 セールスソリューション1部 花田 響四郎
明るい、面白い方が多く、職場の雰囲気はとても良いです!
それでいて仕事に対する責任感は人一倍。とてもかっこいいです!
営業局 営業部 宮本 日奈美
営業=飲み会!体育会系!でもなく、どうしたらスポンサーのお悩みを解決できるのか、みんなで知恵を絞りあって生み出していく現場です。
とてもあったかい雰囲気の部署だなぁと思います。
報道局 ニュース情報センター 瀧尾 春紀
常に情報を「正しく」「スピード感」をもって伝えることが絶対の共通認識としてあるので良い緊張感と、使命感にあふれた職場です。
営業局 セールスソリューション2部 原田 修
このコロナで非常に大変な状況の中でも、明るく活気があります。
いたるところで笑い声が聞こえます。
制作局 制作部 比屋根 り子
先輩方が、視聴者が何を見たいかを真剣に考えている姿にとても憧れます。
「個性」を大切にしてくれる職場だと感じています。

学生時代に朝日放送テレビを
志望した理由
教えてください

制作局 制作部 松井 彰吾
「M-1グランプリ」や「ナイトinナイト」など、"強いコンテンツ"を生み出すテレビ局としての地力が、他局と比べて一つ抜けていると感じたから。子供の頃からいちばん声に出して笑わせてもらったテレビ局だったからです。
報道局 ニュース情報センター 瀧尾 春紀
「探偵!ナイトスクープ」や「新婚さんいらっしゃい!」「ポツンと一軒家」など、自分と同じ一般の人を主役に、笑いや感動を与える番組が多く、そこに魅力を感じていました。その造り手の1人になりたいと思ったからです。
技術局 放送実施部 東 孝幸
キー局よりも自分の仕事の裁量が大きく、地方局よりも全国ネットの大きな番組に関わるチャンスがあると思ったからです。
「M-1」や「熱闘甲子園」など、多くの人に影響を与える番組が多いところも、志望理由の一つです。
制作局 制作部 丸山 誠悟
自社制作番組が多かったこと、また若手からいろんなことに挑戦させてもらえると同じ大学の先輩から伺ったからです。
総合編成局 アナウンス部 東 留伽
大好きな大阪で、地元の情報も取り上げながら、全国区の番組にも携わることができるのが魅力的でした。
「おは朝」など、朝日放送番組のファンでもあり、番組の根底にある考え方に共感する部分が多かったからです。

朝日放送テレビの好きなところ
どこですか?

制作局 制作部 松井 彰吾
考える力が「強い」人が多くて居心地がいいです。めちゃくちゃストイックでも決して理不尽じゃないし、何より全員が額に汗をかいて「おもしろい」にのめり込んでいる環境はやっぱりすごく素敵だと思います。
報道局 ニュース情報センター 瀧尾 春紀
入社前からずっとやりたいと思っていた企画を、入社して2ヶ月でやらせていただきました。若手にもこういった機会を貰えるので「次はもっと良いものを!」とその後への大きなモチベーションになります。他局にはない懐の深さです。
総合編成局 アナウンス部 大野 雄一郎
たくさんありますが…
社員食堂のご飯がとっても美味しいところです。しかも安い!
食は資本なので、大事です。
報道局 ニュース情報センター 津田 真由子
「もし失敗しても、反省点を次に生かせればいいからさ、とりあえずやってみよ!」という言葉を配属されてから、すごく耳にします!
新人でも、色々な事にどんどんチャレンジさせてくれて、それを全力で受け止めてくれるところ!
制作局 制作部 比屋根 り子
みんな優しいです!特に同期にはいつも支えられています!
社屋がきれいで、食堂のごはんもおいしいです!
また、外でランチをするときには迷ってしまうほどお店があります。

朝日放送テレビを目指す学生さんに
一言お願いします!

営業局 営業部 宮本 日奈美
テレビは変化を迫られている媒体ですが、だからこそ自分のアイデアを実現できるチャンスのときでもあると思います。
テレビ=地上波だけではなく、ABCの色んな可能性に触れてください!
総合編成局 アナウンス部 大野 雄一郎
就活中はちょっとしたことで思い悩むことも多いと思いますが、そこで立ち止まることなく、がむしゃらに突き進めば結果はついてくると思います!
是非、一緒に朝日放送テレビの未来を創っていきましょう!
制作局 制作部 松井 彰吾
あくまで自然体で、でもいつもよりはちょっと元気な感じで、やりたい仕事と知ってほしい個性を自分の言葉で伝える。それを地道にやって受かったところが自分にとって楽しい会社だと思います。
報道局 ニュース情報センター 津田 真由子
東京出身の私でも、関西弁に囲まれながら毎日楽しく過ごしています!
気負わず自分らしく飛び込めば、ビビっとくる会社に絶対出会えると思います!
総合編成局 アナウンス部 東 留伽
「等身大の自分が、一番自分らしくて魅力的な自分」と思って、私は受験していました。
そうしていたら、大好きなABCにたどり着きました。皆さんも、どうか素敵なご縁に恵まれますように!
制作局 制作部 比屋根 り子
いつも通り、ありのままで面接を受けたらいいと思います!
人事の方には「ウソ」がばれてしまいます!
報道局 ニュース情報センター 瀧尾 春紀
朝日放送テレビは、等身大の自分を正当に評価してくれる会社だと思います。
自分を大きく見せようとせず、着飾らないありのままの自分で採用試験に臨んでほしいと思います!
技術局 放送実施部 東 孝幸
就活は不安なことだらけかもしれませんが、自信をもって頑張ってください!
面接を楽しむくらいの気持ちで!
営業局 セールスソリューション2部 原田 修
自分らしさを大切に頑張ってください!
制作局 制作部 丸山 誠悟
テレビ好きにはとても良い環境の職場だと思います。
頑張ってください!
営業局 セールスソリューション1部 花田 響四郎
「自分は何をしたいのか」を大切にして、自分らしさを忘れずに頑張ってください!